自身の悩みをハッキリさせるには?

目標設定



どうすれば、自身の悩みを分かりやすく、ハッキリできるのか?

何故悩みは、心の中にくすぶり続けるのか?


について書いています。


★過去の記憶★

今抱えている悩みとは、自身が過去に経験した
出来事から来ているかも知れません。

友達・上司から言われた”あの一言”

親から、”お前の頭じゃムリに決まってる”

などと言われた出来事・経験が、今の悩みである事も多いのです。

イヤな記憶が残ったまま、悩みが解決できずに、今までの間に
時間だけ過ぎてしまっているのです。



★悩みは悩みのままに★

悩んでいても、何故行動を起こす事ができないでいるのか?

それは、、

行動を起こす前に否定的な感情【オレには無理だと思う気持ち】
がジャマをする。

どうすればいいのか、そもそも考えるのが面倒

という事が浮かび上がってきます。



★頭で考えないで★

自分は、一体何に悩んでいるのか?

刻々と時間ばかりが経ち、変わらないままでいる状態
が続いてしまう事で、自身の経験から感じます。

”悩みを書き出す”事で、何が悩みなのか?
をハッキリさせる
事ができます。

ニール・ドナルド・ウォルシュという方の
「神との対話」の本の中で、

紙に書くという行為は、考える話すよりも
創造エネルギーが強い。目標を紙に書き出すのは、エネルギーが最も強い行為
にあたると言っています。

早速、何が悩みなのか?を書き出して、手帳を持ち歩いてみませんか?



人生を真剣に考え、自分らしく生きる手帳の活用はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました