手帳が習慣を変えてくれた

本を読んで行く事で、計画の重要性に気付いて、自身がどう変わって行ったか。

毎日手帳を付けるようになり、振り返る事を習慣付けたきっかけについて書いています。



★記憶を呼び起こす★

手帳を付けなければならないと思うようになったのは、

自分の行った行動・言動・活動を思い出させてくれるからです。

例えば、1週間前の今日、今の時間に何をしていたか、すぐ思い出せますか?
その時、誰と会って、どんな会話をして、こんな事を感じたという事を思い出せますか?

その会話した時に、あんな事を言ってしまって、
相手の方からイヤな表情・沈黙があったとしましょう。

”ああ、、こういう事を言わなければ良かった”
”こういう言い方をすれば良かった”

という事を考えるツールになるという事です。

人生は、成功よりも失敗の方がずっと多いんです。
【何事も全て上手く行ってるよ、という方がいたら教えてください!】

失敗から学ぶ事が重要なのです。



★何をやっても中途半端★

それ迄の自分は、その日何をやるか位の事しか考えず、周りの事【仕事・友人・家族との関係】

や世の中はどうなって行くのか・これから自分はどんな人生を送りたいのか等、

考える事すらしようと思っていなかったのです。

たとえば、面接へ行っても、何が足りないのか、悪いのかもサッパリ分からず、
落とされ続ける。

郵送で、”慎重に検討した結果、不採用となりました”との紙の通知だけを頂いて、
ガッカリしてしまい、”自分じゃダメなんだ”と何の反省もする事もなく、
ただ、ただ落ち込んでしまう。

落ち込んでしまう自分がイヤでイヤでたまらなくって、、
結果、あそこの会社・組織で勤めれたとしても、
ロクな人間に遭わなかったんだ、と勝手に決めつけてた
のです。

だから、何をやっても中途半端で→またイチから考え直す
と同じ場所をグルグルと回るような人生を繰り返していた
のです。



★計画を立てる大切さ★

手帳に書くという事は、すなわち計画を立てる事につながります。

自分を今より改善して、自分自身はもちろん、周りの人にも恩恵を与えて、
や何となく、ずっとやりたいと思っていた事を叶える為なのです。

やりたい事を考えると、意欲が湧いて来て、
その為にはどうすればいいか・自分はいつか死ぬから、歳を取って身体が動かないように
なる・無気力になって、死が近づいていると強く感じる前に、絶対後悔しない
人生を生きよう!と思うように
なりました。



★振り返る★

自分自身で、振り返りをするというのは、成長をする為に、とてもとても重要な事です。

自分を振り返るという事すら知らない人も多いと思いますし、
ましてや、手帳に自分の行動を記録するのなんか面倒!と思う人も多いはずです。

自身の場合、去年の7月から続けて、面倒・面倒と思いながらも、
とにかく書いてつける事を習慣にして来ました。

記憶を呼び起こしてくれるので、面倒以上に、気付き等得られる事の方が
ずっと大きいと感じています。

自分はビビりで、失敗する事を小さい時から恐れていました。

生きて来て思った事ですが、
失敗からしか学べないのです。

だから、失敗を恐れずに、やってみて失敗しても、仮に上手く行っても
記憶を呼び起こす為の準備をしておく。

自分自身から学べる事が、とても多いのです。

あなたも、手帳というツールを使って、より良い人生を歩んでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました