お客様を一番優先する理由

仕事をする上で、自分にとって世の中で何が重要で、何を大切にしたいのか?

社会人と明確にしておく必要性と、自分の在り方について述べています。



★自分はどう映ってるのか★


お客様が最も重要と思うのは何故か?

自分達の提供する商品・サービスを通じて初めて事業が成立するからです。

しかも、その商品・サービスの何が良くて、何がいけないか
社内の誰よりも一番知っている存在だからです。

アーティスト・自分が凄い技術だと思って世の中に出した製品でも
お客様が受け入れてくれなければ、ただのゴミで、事業として成り立ちません。

自分は、誰に対して、どんな責任を果たす必要があるのか?

それを明確にしておくだけで、仕事への取り組み方ががぜん違って来ます。


★自から変えて行く★


会社が基準を明示していない場合でも、自分なりに基準を持っておく事は必要だと思います。

お客様と言っても、世の中の全てのお客様を大切にする、という事ではありません。

理不尽な要求を突きつけて来る方もいると思います。
それには、平身低頭にという事では無いです。

基準を持つと、自分自身に迷いが無くなります。

その場・その場に応じた、態度・言動がコロコロ変わる事も無くなってきます。

その方が結果、周りの人からも信用を得やすいはずです。



★仲間を大切にする★

自分の場合は、仕事をするに当たって

1.お客様
2.従業員【仲間】
3.社会
4.株主

と決めています。

2番目に従業員が来るという事は、

自分が会社の同僚として一緒に頑張ってる場合、
同じ仲間だから助け合う・協力し合うという意味で、
お客様の次の順番になっているのです。

中には、ライバル同士だから憎しみ合う・アイツはイヤだから
クチも聞きたく無い・冷たい態度を取られる場合があると思います。

それは会社のトップが組織を野放しにしているからで、年功序列の雰囲気が
残っている会社だからだと思うのです。

また、社会や株主という、対外だけを尊んで、
自分の会社の従業員は辞めようが残ろうが関心は無くて
仕事を頑張っているのに給与も上げない。


そんな人と一緒に仕事で人生を賭けるなんて悲しくありませんか?

社会を良くする前に、人・カネ・モノの人を大切にしなくてはならないのです。



★まとめ★

お客様がいて、自分自身の会社が成り立つ。

従業員という、自分の仲間を想って切磋琢磨する。

その上で、社会に役立つ行動を心掛けて、結果応援してくれる株主の方へ利益還元する。

自分なりにでいいから、自分自身の仕事の基準を持っておく。
ただし、”何故そうなの?”をきちんと話ができるようにしておいて下さい。

これが、ブレる事なく人生を歩んで行く事ができる
秘訣になると思っています。




コメント

タイトルとURLをコピーしました